これまでのあらすじ

〜第一話〜

神崎市内でオーヴァードが連続して襲われる事件が発生していた。
それは、3つ目のシンドロームを持つ"トライアッド"と呼ばれる存在。
UGNに所属する綾という少女を燻し出す為のものだった。
襲撃の中で自分の中にあった、3つ目のシンドロームに目覚める綾。
だが、敵を深追いしすぎた綾の友人和美が、
FHのセルリーダー・柏原雄介の手によって殺害されてしまう。
綾は事件の渦中、出会ったオーヴァード達の手を借り、
柏原雄介の撃退に成功するも事件はそれだけでは終わらなかった。
綾の護衛を担う鉄壁の防御能力を誇るUGNエージェンド・大和。
洗脳された相棒を助けるために策略を巡らすFHの少年・壮登。
綾の身柄を狙いヘリの運用まで使いこなすFHエージェント・猛。
実験体として生まれ半身を失ったイリーガルのオーヴァード・有栖。
解決を担ったこの5人を中心とし……事件は、より深い闇の中へと落ちていく。

〜第二話〜

少し時が過ぎて、街中で迷子に出会った綾は、
迷子を送った先の孤児院でフラッシュバックを起こす。
自身が、過去になにかの実験の対象だった。その事実を思い出し当惑する綾。
そして有栖は実験の被験者リストである「加納レポート」を見つけ出す。
孤児院の院長こそが「加納レポート」をまとめた加納博士その人であり、
その彼が事件に巻き込まれていた事を知った綾達は、彼の救出に向かう。
情報戦、オーヴァード戦。
共に過酷な戦いなんとか敵を撃退したが「加納レポート」は奪われてしまう。
加納博士は敵により死の淵に瀕していたが、
それをよしとしなかった壮登は、彼を強引に救出する。

それから1ヶ月ほど過ぎたある日、綾のクラスに転校生がやってきた。
それは綾が忘れたくても忘れられないもの――
和美と同じを面影持った少女、秋月香澄だった。

〜第三話〜

うりふたつの香澄の姿やしぐさに動揺を隠せない綾。
同じ頃、大和は加納博士から、衝撃の告白を受ける。
綾と同じく大和自身も披検体の一人である、それが彼の失われた過去だというのだ。
そしてカーリーズセル……壮登の相棒・望を狂わせ、秘められた綾の力を追い
今まで暗躍を続けていたFHのセルが、ついにその姿を現し猛との接触を果たす。
狂犬のような男、入間は、神崎市民の命を人質に綾を引き渡せとUGNを脅迫した。
だが、敵も一枚岩ではない。
大和、壮登と猛、有栖の協力により
カーリーズセル内のいざこざをの隙を突き、綾達は入間を撃退する事に成功する。
だが、その場に大和と瓜二つの人物、ニシクジョウヤマトが現れる。
彼は大和に「お前は偽者だ」と告げて、その場を後にした。
この事は大和を激しく動揺させる。
だが、彼が現れた事で綾は迷いを振り切り――
敵の駒と知りながらも、香澄を友達として迎え入れる事を決めたのだった。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-11 (金) 00:00:00 (4146d)